め〜る一行詩 優秀作品 2016年5月

虚子館の受付に立つ春ショール    河 童
底知れぬ谷より落花湧き上がる    今村 征一
花の雲だんだら坂に吾が生家     佐藤 日田路
わだつみの泪ひとつぶ桜貝      垣内 孝雄
春雨じゃ窓ガラス拭くちょうど良さ  幸野 蒲公英
春ショールなびかせ私恋モード    雅 風
この家の生者も死者も桜餅      山 蛾
狛犬の舐めたる飴や春の宵      伊藤 衒叟
上京を見送るホ−ム桜まじ      三泊 みなと
調律のひねもす飽きしシャボン玉   小野 恭子
遮断機の鳴りやむ後の初音かな    廣島 佑亮
ただ滾る薬鑵は止まず春疾風     神保 と志ゆき
風葬を想ふや花の散るなべに     別祖 満雄

文學の森 ホームページへ