め〜る一行詩 優秀作品 2016年-4月

 誰彼に逢ひたくなりし魚上氷     今村征一
 草萌やスキップの子とすれ違ふ    河童
 末黒野やうぶすなの鐘かすかなる   小野恭子
 何となく降り立ち歩く春の駅     堀ノ内和夫
 東京に愛ゆゑ孕む猫もがな      牟礼鯨
 野山にも彩り戻る春時雨       海野清孝
 花筏伴に乗りたき人がゐる      孝雄
 ひとかどの人にうつされ春の風邪   雅風
 伐られたる花守の手の哲学書     伊藤衒叟
 初蝶の迷へる海の波折りかな     北山日路地
 梅は白つばき一重の藪椿       佐藤日田路
 さりげなくグルメ本置くホワイトデー 幸野蒲公英
 ふところに空のありけり蓬餅     廣島佑亮
 捌かれし針魚骨まで透きとほる    野島正則
 赤青青青青青春一番         丹治拓未
 膝頭寄せて覗くやチューリップ    丸山きよ子
 春雨と思うて聞いてゐたりけり    神保と志ゆき
 嫁ぐ子を送るがごとく雛納む     柴田獨鬼
 君とゐてひとりを想ふ花の雨     鈴木眞由美

文學の森 ホームページへ