恋する俳句 優秀作品 2017年7月

海霧に消ゆ傘を見送る別れかな  今村征一
さりげなく蟻を払うて呉るる女  上岡あきら
早くきて大夕焼に追われてる   城内幸江
夕焼の下には君がちゃんといる  坂倉一光
水打つて儚き恋を手離さず    青 萄
落し文男はいつも解きたく    立松修治
さよならを言ひたくはなしかき氷 長谷川洋児
初恋の人は子連れや街炎暑    波切幸治
輪から抜け君が手を引く盆踊り  ほうどう
黒揚羽すれちがひざま唇奪ふ   悠
白靴や愛しきものに向ひける   遊 歩

文學の森 ホームページへ