恋する俳句 優秀作品 2017年2月

埋もれ火となりて炎を隠すかな       飯田協子
衣替えふと気がつけば桜色        五十嵐 豊
背のびして君の白息吹きかへす      石原百合子
遠き日やきみと暮れゆく蓮華草       垣内孝雄
くちづけのあとにうつされ春の風邪       雅風
初蝶のおもさは人恋う重さです      澤田吐詩男
白梅や実らぬ恋に逢ひに行く       三泊みなと
ただ一度ほほ寄せられしクロッカス       青萄
あの頃へ戻れるならば蕗の薹        立松修治
助手席を独り占めして恋の猫        土谷純一
恋猫の押しの一手に引かれけり        まどん
太陽の朝のくちづけ春隣             悠

文學の森 ホームページへ