恋する俳句 優秀作品 2016年11月

特選句 なし
 またひとつ露草ほどの恋をして   天羽鈴
 着ぶくれて愛され方を忘れをり  織田亮太朗
 冬薔薇改札口に君がゐる      垣内孝雄
 古都時雨三条四条河原町      雅 風
 抱きしめてほしくて待った冬茜   城内幸江
 口喧嘩止めて繋ぐ手除夜の鐘    木村摩耶
 片恋のままのラガーのトライかな  坂倉一光
 風花や半べそ顔で戻りくる    三泊みなと
 塗りつぶすことくり返し春の海   修 治
 うたた寝の君のショールを掛け直す 土谷純一
 マフラーをなびかせて来る逢瀬かな  英龍子
 長い足見せて終はりし夏の恋     濵盆栽
 消えさうな恋白玉を掬ひけり   松村さつき
 君へ書く消してまた書く冬の虹    まどん
 もしかしてあれが初恋縣大根   山口せうこ
 不器用に指からめられ花八手     悠
 雪催コーヒーカップ割れました  吉野ふく

文學の森 ホームページへ