恋する俳句
 あなたの素敵な恋や思い出を、俳句にしてください。

   年齢不問です

    10代から90代まで

      どしどしご応募ください。

・要  項
 季語の入った、恋に関する俳句
・応  募
「恋する俳句」編集部
 ご応募の受付はメールのみとなりますのでご注意ください。 
 応募先メールアドレス→ 
 応募に際し、以下の必要事項をメールに明記してください
・作品 ・名前(ふりがな) ・電話番号 ・ご住所 ・俳号(ふりがな)
 ※必要事項のないご投句は、無効となります。
・締  切
 毎月20日※変更となりました。ご了承願います。
・発  表
 締切の翌月5日(毎月)に文學の森HP「恋する俳句」と月刊「俳句界」
 にて発表します。
・選  考
 月刊「俳句界」編集部
・お問い合わせ
「恋する俳句」編集部  
 ※お葉書でのご応募、お電話によるお問い合わせは受け付けておりません。


恋する俳句

恋する俳句 優秀作品 2017年9月

驟雨より始まる都会の物語        穴澤秋彦
「ねえねえ」と牡丹のつま先揺らす君   安藤江美
うねりゆくねぶたの緋色か君の頬     磯部薫子
寂しいと言はれてよりの星月夜      今村征一
好きならば返してあげる曼珠沙華     城内幸江
羽ばたくには羽が痛いの蝶の恋      小夏
コスモスや恋に恋して揺れてみる     佐川寿々
一粒のぶどう甘美に足裏ぬれ       青萄
注連縄や雌雄の蛇の絡み合う       中島進
幼名で呼び合つてゐる花野        長谷川洋児
昼の月泣いて機上の人となる       百名温
編みあげる背徳の嘘秋の宿        ほうどう
告白をさらりと交はし桃を剥く      三泊みなと
薄荷咲く時間守らぬ人を待つ       村上ヤチ代
男滝涸れて女滝にはかに淋しがる     悠
対岸の灯に幻の秋思かな         遊歩
口笛を色無き風が消してゆく       吉野ふく
切り株に座る二人や秋の雲        ヲテル
恋する俳句―優秀作品
 2017年| 9月8月7月6月5月4月3月2月1月
 2016年| 12月11月10月9月8月7月6月
句集自費出版の説明へ
俳句界ニュース LINE
恋する俳句
め~る一行詩
第16回山本健吉賞決定
応募
あなたの記念の一句を、日本酒、ワイン、焼酎のラベルに刻印(浮彫/平彫 金仕立)します。詳細は、こちらへ。
光明兼光本店 姫路市飾磨区構5-198
TEL:079-234-1234