2017 年 04 月刊行書籍
【 オリジナル句集 】
句 集 /
飛べない鶴
著 者 /
前原絢子
判 型 /
四六判上製/カバー装
価 格 /
2,700円(税抜き)
長き夜や飛べない鶴を折つてゐる
前原絢子の句は、平成二十六年から「明るくて楽しい句」に変貌してきた。それは、彼女の人生が俳句の中で響き合うようになってきたからである。前原絢子の処女句集『飛べない鶴』を通読した娘の佳代子さんの次の言葉が、今の私の感想と響き合う。「飛べない鶴が、今、俳句に生かされて飛んでいるのね」
角川春樹
【 オリジナル句集 】
句 集 /
藁雀籠
著 者 /
石渡 旬
判 型 /
四六判上製/カバー装
価 格 /
2,667円(税抜き)
縁側の暗きに置かれ藁雀籠
平成二十九年四月に「方円」が三百五十号を迎えるということで、それを記念して句集を出そうかと思い立ちました。第二句集『松の花』を刊行したのが平成二十五年十月。句数からすると不足の感は免れませんが、この句集を出すことにより、会員の皆様の作句欲にいくらかでも刺激を与えることが出来ればと思っています。
「あとがき」より
【 オリジナル句集 】
句 集 /
月冴ゆる
著 者 /
天野眞弓
判 型 /
四六判上製/カバー装
価 格 /
2,600円(税抜き)
カメラ向け立てよ座れと初写真
今日迄四十余年間、俳句の道を着実に歩まれた集大成が『月冴ゆる』に纏められています。眞弓さんを支えられた最愛のご主人様と三人の子供さんの愛に満ちたご家族のお句は家の歴史であります。
小川晴子
【 その他 】
写真句集 /
奴国の夜明
著 者 /
諸岡正明
判 型 /
変形判上製/カバー装
価 格 /
2,667円(税抜き)
友と逢う約束の道藤の花
前書『四季賛歌』からだいぶ経過しての写真俳句集であるが、そういった意味からも、まだまだ満足のいくものではないと思うが、今まで出版してきたものの続編として見て頂く方々に喜び、楽しんで頂ければと思っている。
「あとがき」より
【 平成俳人群像 】
句 集 /
黄鶺鴒
著 者 /
鈴木修一
判 型 /
菊版/上製カバー装
価 格 /
2,667円(税抜き)
人の背は瀬音に黙し黄せきれい
黄せきれいで、なんとなく明るい気分。意味を探る必要のない句ですね。なんとなく懐かしさのある風景だけを静かにとらえればいい。その風景をとらえている人の気持ちのやわらかさ懐かしさというのがいい。妙に知的な感じの男の人の背中を感じるね。
金子兜太
【 平成俳人叢書 】
句 集 /
開 封
著 者 /
武山 平
判 型 /
四六判上製/カバー装
価 格 /
2,667円(税抜き)
開封は檸檬を囓る覚悟して
著者の俳句は、心地のよい不安感、希望、やがてゆきつくアクティブな心、そうした心情にいろどられていると見る。勿論人間である以上、自信と相対する不安や疑心もつたわるが、それらが詩的に発酵されて著者ならではの作品を成している。
大牧 広
【 オリジナル句集 】
句 集 /
露台の人
著 者 /
増田真麻
判 型 /
四六判上製/カバー装
価 格 /
2,667円(税抜き)
露台より呼ばれ露台の人となり
真麻さんは、「童子」に彗星のように登場したが、海外の留学生に日本語を教える先生という職業柄か外国暮らしの経験のせいか、どこか俳句の古さとなじまないのではないかと思わせた時期もあった。しかし、持ち前の周到さと熱意で、そんな危惧は吹き飛ばし、着々と俳句を自分のものにしていった。いまや横浜句会の指導者として会員を引っ張ってゆく力をつけ、「童子」副編集長としても腕を振るっている。
辻 桃子

2017年| 7月6月5月4月3月2月1月
2016年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2015年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2014年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2013年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2012年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2011年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2010年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2009年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2008年| 12月11月10月9月8月7月6月5月
句集自費出版の説明へ
俳句界ニュース LINE
恋する俳句
め~る一行詩
第16回山本健吉賞決定
応募
あなたの記念の一句を、日本酒、ワイン、焼酎のラベルに刻印(浮彫/平彫 金仕立)します。詳細は、こちらへ。
光明兼光本店 姫路市飾磨区構5-198
TEL:079-234-1234