2016 年 09 月刊行書籍
【 オリジナル句集 】
句 集 /
沖 雲
著 者 /
兒玉充代
判 型 /
四六判上製/カバー装
価 格 /
2,667円(税抜き)
沖雲や飛魚の跳ぶ海まつたひら
表題を『沖雲』と決めたのは、沖への、遠きもの、遥かなるものへの憧れからではないかと思っている。俳人・兒玉南章の娘として、南章十七回忌を迎えるにあたって何よりの供養となる一本である。ここまでの充代さんの努力に南章さんも莞爾しておられるに違いない。
茨木和生
【 平成俳人群像 】
句 集 /
谷と村の行程
著 者 /
白井重之
判 型 /
四六判上製/カバー装丁
価 格 /
2,667円(税抜き)
田の中でぐらり青嶺の乱反射
いくつもの谷を背後にした村での暮らしが長くなった。まことに狭い範囲に生きてきた人間が表現する俳句という詩型は、私にとってもっとも相応しいものだったと思っている。
「あとがき」より
【 オリジナル句集 】
句 集 /
立葵
著 者 /
武山八重子
判 型 /
四六判並製/カバー装
価 格 /
2,000円(税抜き)
立葵友の姿の重なりて
『立葵』には、震災関連句が多いが、あえて強く言えることは、そうした震災句であっても、つねに温かい「おふくろ」のような視線を感じるということである。未曾有の大災害であったから、当然、苦しさ・さみしさは訴えているが、一句一句のうしろには毅然とした日本のお母さんのような奥深い温かさが感じられる。
大牧 広
【 オリジナル句集 】
句 集 /
二輪草
著 者 /
獅子倉一彦・獅子倉かずえ
判 型 /
四六判並製/カバー装
価 格 /
私家版
俳句によって強い絆で結ばれた「萬緑」同人の夫婦の遺句集
三年間の私の休日は全てかずえさんと一緒だったように思います。その中で、会う度に「一彦さんの遺句集を出したい、出さなきゃ」ということをいつも話していました。俳句はお二人の子供であり、命です。
堀井信子
【 オリジナル句集 】
句 集 /
無音界
著 者 /
薬師寺彦介
判 型 /
四六判上製/函入り
価 格 /
2,667円(税抜き)
ふる里は仏果のまほら遍路来る
風土に根差した自在な詠み振り、それができるということは、俳句の本道をしかと追ってきたことに他ならない。原裕の求めた「写生より想像力へ」の理論が実作の上で示された『無音界』。句作の今日より明日への明るさを感じる。
原 和子
【 オリジナル句集 】
句 集 /
星月夜
著 者 /
橋本和子
判 型 /
四六判上製/カバー装
価 格 /
2,700円(税抜き)
故郷の人の恋しき星月夜
吟行にもよく参加され、何人かで一緒に行動しているので同じような場面を見ているのですが、対象物をよく観察し視点が少し違っているのが特徴です。俳句三昧の暮らしの中で感じる一抹の寂しさ、老舗を守る友を思い、また、はらからのこと、和子さんらしく行き届いた自選に安心いたしました。
澤井洋子
【 女性俳人精華 】
句 集 /
薬包紙
著 者 /
小出悠紀子
判 型 /
四六判上製/カバー装
価 格 /
2,476円(税抜き)
薬包紙片手で折りし蟬数匹
今迄に味わったことのない、ある種の感慨に、強く胸を打たれた。それは、風流とか侘び寂とかの理念に基づき或いは風土性の強い句集などとは遥かに違い、医療施設内の患者の方々の姿とその様子を又、その方々をお世話する看護師および介護師さんの所作を真摯に、そして必死に詠われた異色の作品群が私の前に示されたことに拠る。
石渡 旬
【 ミューズ選書 】
句 集 /
絹の韻き
著 者 /
池田琴線女
判 型 /
四六判上製/カバー装
価 格 /
2,667円(税抜き)
爪弾きの指先熱し雁の夜
人の世には「縁」ということがあると最近つくづく思います。私が俳句を始めるようになったことも一つのご縁であったように思います。子供の頃から「国語」が嫌いであった私が義父や子供の俳句の影響で一寸覗いた心算のこの道、もう半世紀に近くなりました。
「あとがき」より
【 オリジナル句集 】
句 集 /
貝の化石
著 者 /
西池みどり
判 型 /
四六判上勢/カバー装
価 格 /
2,667円(税抜き)
小春日が暴くジュラ紀の不整合
天地や、小さな花や虫たちの発するシグナルに耳を澄ませていたい。言葉の持つ不思議な力を信じながら。
著 者
【 オリジナル句集 】
句 集 /
生地
著 者 /
川合憲子
判 型 /
四六判上勢/カバー装
価 格 /
2,667円(税抜き)
深秋の生地に風を聞く日かな
私はこの地に生を受け、育てられ、今年古希を迎えました。今までに出会うことの出来た人たちに感謝し、今あることを幸せに思います。
「あとがき」より
【 平成俳人群像 】
句 集 /
米 寿
著 者 /
井出正仁
判 型 /
四六判上製/カバー装
価 格 /
2,667円(税抜き)
枝垂桜天蓋にして夢いまだ
教職四十年。その後約三十年。その間の最大の願いは自閉症者の学校法制化である。現在まだ実現していない。生きている中に実現したいものである。
(著者自解)

2017年| 1月
2016年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2015年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2014年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2013年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2012年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2011年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2010年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2009年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2008年| 12月11月10月9月8月7月6月5月
句集自費出版の説明へ

恋する俳句

め~る一行詩

第16回山本健吉賞決定

応募

あなたの記念の一句を、日本酒、ワイン、焼酎のラベルに刻印(浮彫/平彫 金仕立)します。詳細は、こちらへ。
光明兼光本店 姫路市飾磨区構5-198
TEL:079-234-1234