2014 年 10 月刊行書籍
【 オリジナル句集 】
句 集 /
静電気
著 者 /
庄子紅子
判 型 /
四六判並製・カバー装
価 格 /
2,400円(税抜き)
昼顔にかすかに走る静電気
静電気は微妙で、一瞬であるが、するどい電流がからだの中を走り抜ける。一秒にも満たない時間だが、その衝撃感は、むしろ恍惚感さえ帯びて身をかけめぐる。庄子紅子俳句は誰もが持っている詩性のような感覚、これを暖かい知性で掘り起して、心を前へと向かせてくれる。
大牧広
【 オリジナル句集 】
句 集 /
さくらさくら
著 者 /
谷村和華子
判 型 /
四六判並製・カバー装
価 格 /
2,500円(税抜き)
さくらさくら涙腺上に舞ふやうな
本句集は「さくら」の佳句が多いのに気付く。和華子さんの姿、立ち居振る舞いを、静かに眼を閉じて思い出すと、まさに日本の花、「さくら」のイメージが鮮明に浮かんで来る。それは、句集名『さくらさくら』へと昇華した。華麗に、そして悠揚と、晶晶と。
河野薫
【 ベストセラーシリーズ 】
句 集 /
大提灯祭
著 者 /
柘植草風
判 型 /
四六判上製・カバー装
価 格 /
2,476円(税抜き)
大提灯歴史絵撫づる風は秋
三河地方の西尾市一色町には、八月下旬に大提灯を飾ることで有名な祭りがある。大勢の人々が参拝に訪れ、一抱えもある大蠟燭へご神火を点火する頃には、境内は身動きもできないほどである。
「あとがき」より
【 オリジナル句集 】
句 集 /
どさんこのうた
著 者 /
佐藤 哲
判 型 /
四六版上製・カバー装
価 格 /
2,667円(税抜き)
オロシャ向く砲台跡や夏蓬
現場、現実をしっかととらえた句が並び、目のつけどころが生き生きしている。「即物具象」「俳句は風土の詩」を心情としてきた道産子のまさに魂の叫びだ。
大坪景章
【 オリジナル句集 】
句 集 /
かみとめ道
著 者 /
池田光枝
判 型 /
四六判上製・函入り
価 格 /
2,667円(税抜き)
禅林の杉の総立ち烏帰る
平成二年三月十一日、第二回青樹所沢支部大会が催され、岐阜から久々子主宰はじめ、幹部同人や関東地区の同人も多数出席された。其の大会で光枝さんの句が特選二位に選ばれた。光枝さんの俳句人生の白眉であろう。今後は自らの句を反芻しつつ百歳を目指して頂きたい。
村上秋嶺
【 その他 】
写真句集 /
きらきらさん
著 者 /
辻 桃子
判 型 /
変形版上製
価 格 /
私家版
ぶつかってくる子を抱いて春惜しむ
私の二人の娘も、小さいときから私が吟行のたびに連れて行ったので、子供の頃から俳句を作っていた。(中略)祖母から母へ、母から娘へ、孫へと、俳句はずっと受け継がれてゆくのだろうな、と思っている。
「あとがき」より

2017年| 5月4月3月2月1月
2016年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2015年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2014年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2013年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2012年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2011年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2010年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2009年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2008年| 12月11月10月9月8月7月6月5月
句集自費出版の説明へ

恋する俳句

め~る一行詩

第16回山本健吉賞決定

応募

あなたの記念の一句を、日本酒、ワイン、焼酎のラベルに刻印(浮彫/平彫 金仕立)します。詳細は、こちらへ。
光明兼光本店 姫路市飾磨区構5-198
TEL:079-234-1234