2014 年 08 月刊行書籍
【 オリジナル句集 】
句 集 /
風花
著 者 /
介弘紀子
判 型 /
四六判上製・カバー装
価 格 /
2,667円(税抜き)
風花はひかりを人は詩をつむぐ
紀子様の句の魅力は、句にある詩趣ではないだろうか。選び抜かれた詩の言葉が鏤められているのである。この句集は全てがその「詩」に満ちていると言わざるを得ないだろう。
稲畑廣太郎
【 俳句ライブラリー 】
句 集 /
水のやうに
著 者 /
熊丸淑子
判 型 /
四六判並製・カバー装
価 格 /
2,095円(税抜き)
忍冬の花に沖の帆近づき来
淑子さんには白が似合います。
銀色(しろがねいろ)とも思います。
昭和という激動の世を、慎ましやかに歩まれた日々に、深い共感と親しみを覚えました。
徳田千鶴子
【 オリジナル句集 】
句 集 /
薔薇の香
著 者 /
山田貞子
判 型 /
四六判並製・カバー装
価 格 /
1,852円(税抜き)
薔薇愛す夫在りし日も亡き後も
句歴を重ねても俳句に慣れきった姿勢には決してならない。そして自在な発送を以て情感のある俳句へと繋げる敏感な感性が貞子さんの強みかと思います。
息子の武嗣さんとは、いつも揃って句会に出席して、親子で同じように歩き、同じものを見て、同じ時に俳句を作るという豊かな時間を大事にしているように見受けられます。
古賀雪江
【 200句精選シリーズ 】
句 集 /
蜑の四季
著 者 /
菅 煌矢
判 型 /
四六判並製・カバー装
価 格 /
1,905円(税抜き)
遍路過ぐ光へ竹の落葉舞ひ
竹林の中の道をゆく遍路、数人の場合もあるが、この句は一人であろう。遍路の白装束を感覚的に光として把握した技巧は優れている。その光の中に竹の落葉が静かに舞っている。前句についてはこの様な情景が想像される。非常に美しい句である。
戸川稲村(「鶴俳句の諸作」より)
【 オリジナル句集 】
句 集 /
蝶の横貌
著 者 /
牧野洋子
判 型 /
四六判上製・カバー装
価 格 /
2,593円(税抜き)
秋真昼蝶の横貌見たやうな
顔と横顔は、わずかな視覚のずれにもかかわらず陰陽の差となるから面白い。
もちろん顔は陽で横顔は陰なのだが、人はなぜかその陰の横顔に惹かれるのである。
岩淵喜代子
【 オリジナル句集 】
句 集 /
生無尽
著 者 /
荻野おさむ
判 型 /
四六判上製・カバー装
価 格 /
2,700円(税抜き)
己をば竹斎などと露の句碑
近年、おさむさんの句は、俳味が濃くなり、渋い滑稽な句もまじるようになってきた。よく醸された古酒のような味わいだ。
辻 桃子
【 その他 】
評論集 /
新俳人探訪
著 者 /
栗林 浩
判 型 /
四六判並製・カバー装
価 格 /
1,667円(税抜き)
本書で取り上げた俳人は、「ホトトギス」の重鎮から左翼系の運動家だと思われていた夭折の俳論家まで、幅が広く変化に富んでいる。しかし、その作品と人物はどれもが筆者にとってこよなく興味を惹かれるものであり、俳句愛好の読者にとってもきっとそうだと信ずるのである。
著 者

2017年| 5月4月3月2月1月
2016年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2015年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2014年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2013年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2012年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2011年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2010年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2009年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2008年| 12月11月10月9月8月7月6月5月
句集自費出版の説明へ

恋する俳句

め~る一行詩

第16回山本健吉賞決定

応募

あなたの記念の一句を、日本酒、ワイン、焼酎のラベルに刻印(浮彫/平彫 金仕立)します。詳細は、こちらへ。
光明兼光本店 姫路市飾磨区構5-198
TEL:079-234-1234