2014 年 07 月刊行書籍
【 オリジナル句集 】
句 集 /
蛙楽
著 者 /
中木村有希子
判 型 /
四六判上製・カバー装
価 格 /
2,667円(税抜き)
没日より大きく牡丹咲きにけり
句はいよいよ豊穣さをまし、平明のうちに、一句の抱える時空はひろやかに大きくなってきている。これは驚くべきことで、やはり天賦のものにちがいないが、何らかの覚悟なり身を律するものが中木村さんの内部にあるからだろう。
森 潮
【 オリジナル句集 】
句 集 /
宙空
著 者 /
樅山木綿太
判 型 /
四六判並製・カバー装
価 格 /
2,037円(税抜き)
よく晴れて八分音符のフリージア
第二句集であるが、木綿太さんの句の青春性は変わらない。変わらないというよりも、この青春性こそ木綿太俳句の魅力といっていいように思う。ぜひこの集中に流れている青春性を鑑賞していただきたい。青春は年齢ではない。作者の資質、感性の方向性のもたらすものである。
河内静魚
【 オリジナル句集 】
句 集 /
ロザリオ祭
著 者 /
工藤進
判 型 /
四六判上製・カバー装
価 格 /
2,700円(税抜き)
マイセンに薔薇茶のひらくロザリオ茶
マイセンの紅茶茶碗に薔薇茶をひらかせた、という措辞が絶妙。正に作者の資質である俳諧のモダニズムを開花させた、スタイリッシュな作品。それはまた、私が工藤進を「薔薇の香りの詩人」と命名した由縁でもある。
角川春樹
【 オリジナル句集 】
句 集 /
陽炎
著 者 /
飯島俊子
判 型 /
四六判上製・カバー装
価 格 /
2,667円(税抜き)
『陽炎』は、美の句集であるともいえる。とはいえ、それはきらびやかな美しさではない。永遠の童心や青春性を核とする曇りない純真がとらえた、みずみずしく、ときにひかえめな美しさである。日々のなにげない出会いや気づきを、一期一会のものとして大切に抱きとめようとするこころが創出する美しさである。
今野 哲
【 200句精選シリーズ 】
句 集 /
天寿
著 者 /
青木まさを
判 型 /
四六判並製・カバー装
価 格 /
1,905円(税抜き)
星祭天寿の母も恋したり
今日作る俳句が昨日の俳句より少しでも真実で新鮮であるように努め、先人達の言葉の力を信じ、自分を信じ、終生俳句を作り続けたいと願っています。
【 オリジナル句集 】
句 集 /
一番線
著 者 /
涼野海音
判 型 /
四六判並製・カバー装
価 格 /
1,667円(税抜き)
海の日の一番線に待ちゐたる
本集には、およそ四年かけて自選した句を収めた。私自身の思い入れが深い句を重点的に選んでいる。俳句を始めてからずっとただ「自分に正直に」詠んできた。俳人にとってこれ以上、大事なことはないと思う。
(「あとがき」より)
【 ミューズ選書 】
句 集 /
花種
著 者 /
柴田多鶴子
判 型 /
四六判上製・カバー装
価 格 /
2,667円(税抜き)
花種に近き未来のありにけり
平成二十三年に創刊した俳誌「鳰の子」が順調に発展し、今年で三周年を迎えたことは大きな喜びです。「鳰の子」に集まった人たちが、それぞれの花の種を播いて育て、美しい花を咲かせてくれることを願っています。掲句はそのような思いを込めた句です。
(「あとがき」より)
【 イカロス選書 】
句 集 /
風の詩
著 者 /
介弘浩司
判 型 /
四六判上製・カバー装
価 格 /
2,667円(税抜き)
鉾回し大路の風を回しけり
旅人として、というよりは、その土地の人になり切って詠んでおられるのではないだろうか。それだからこそ、その土地で見付ける季題がより身近になり、そうなると、今度は反対に季題からの呼びかけにより深く応えられるのではないだろうか。
稲畑廣太郎
【 オリジナル句集 】
句 集 /
太古のこゑ
著 者 /
吉武千束
判 型 /
四六判上製・函入り
価 格 /
2,667円(税抜き)
滝仰ぐ太古のこゑの一直線
人は太古の昔から、信仰の対象として神々が宿ると信じ、滝を仰ぎ岩を拝んできた。滝を仰いでいるうちにどこからか、「太古のこゑ」が一直線となって聞こえてきた。
能村研三
【 オリジナル句集 】
句 集 /
手毬唄
著 者 /
吉村毬子
判 型 /
四六判上製・函入り
価 格 /
2,778円(税抜き)
水鳥の和音に還る手毬唄
吉村毬子は、何時からかじつに不思議な詩的夢幻境に身を挺するに到った。三橋鷹女を過ぎ、中村苑子を越えて、遂に吉村毬子その人の詩的原風景に達した。
吉村毬子の<修羅>の彼方にぼんやり浮かぶのは、じつは毬子の詩的浄土そのものではなかろうか。
安井浩司
【 オリジナル句集 】
句 集 /
ねむの花
著 者 /
半澤律
判 型 /
四六判並製・カバー装
価 格 /
私家版
ねむの花七十にして夢多き
ねむの花の句にはどちらかというと淋しげな句が多いが、律さんの一句はそれとは反対に明るさがある。人生いつでも夢をもっていなければいけないが、「七十の夢」と「ねむの花」はどこか淡く重なっている。
倉田絋文
【 女性俳人精華 】
句 集 /
雪餅草
著 者 /
笠原小夜子
判 型 /
四六判上製・カバー装
価 格 /
2,476円(税抜き)
丁石の二十九丁雪餅草
句集のタイトルとなった句である。淡々としてシンプルなところがいい。花は真っ白で真ん丸なお餅のような花を一個咲かせる山野草。清楚な中にも柔らかく、日本的なところが作者の雰囲気に合っていると思った。
西池みどり
【 オリジナル句集 】
句 集 /
地球の居候
著 者 /
千賀邦彦
判 型 /
四六判上製・函入り
価 格 /
2,700円(税抜き)
花しまく地球宇宙の一花片
延長線上に詠われる句にもどこか宇宙の神秘がはたらいていることを予見させる。気象・地球・自然に対し、ものを見る目、具象と感情との密接な関連づけが不思議な句を生む。
向田貴子

2017年| 7月6月5月4月3月2月1月
2016年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2015年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2014年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2013年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2012年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2011年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2010年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2009年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2008年| 12月11月10月9月8月7月6月5月
句集自費出版の説明へ
俳句界ニュース LINE
恋する俳句
め~る一行詩
第16回山本健吉賞決定
応募
あなたの記念の一句を、日本酒、ワイン、焼酎のラベルに刻印(浮彫/平彫 金仕立)します。詳細は、こちらへ。
光明兼光本店 姫路市飾磨区構5-198
TEL:079-234-1234