2012 年 01 月刊行書籍
【 俳句界叢書 】
句 集 /
鵜飼川
著 者 /
後藤昇子
判 型 /
四六判上製・函入り
価 格 /
2,667円(税抜き)
佳き風と鵜匠の言へる初鵜飼
それぞれ鵜飼の趣きの濃い作品である。 いずれの作も格調高く、 落着いた佳吟である。
島田秋芽(「序」より)
【 オリジナル句集 】
句 集 /
一掬
著 者 /
小笠原喜志子
判 型 /
四六判上製・カバー装
価 格 /
私家版
束の間の一と日掬ひて秋惜しむ
句集名『一掬』は、三十余年来の俳句を編むにあたり、ささやかに、ほんのひと掬いの句を残したいという気持ちから生まれたと聞く。著者の俳句は心の深いところから湧き出してくるものを、的確に把握し詠出している。
阪田昭風
【 オリジナル句集 】
句 集 /
知足
著 者 /
半田卓郎
判 型 /
四六判上製・カバー装
価 格 /
2,667円(税抜き)
再起への固き絆や夏の雲
先師小澤主宰は、「情景俳句」すなわち「情は人、景は自然、人と自然との一体となったものが『情景俳句』だ」と唱え、それを指導原理とされ、「爽樹」もそれを引き継いでいますが、半田さんは「爽樹」の発足に対しての祝句である掲句でも「情景俳句」を見事に作句に生かしております。
小山徳夫
【 イカロス選書 】
句 集 /
桜の国に
著 者 /
山咲一星
判 型 /
四六判上製・カバー装
価 格 /
2,667円(税抜き)
麻酔覚め桜の国に今もどつた
第一句集『縄文の岬』から二十七年目、満を持しての句集。 師飯田龍太・廣瀬直人・勝又木風雨に磨かれた歳月。 桜の国に生まれ 桜の国に命の証しを探す。 著者不屈なる俳句道への限りなき挑戦。
【 合同句集 】
合同句集 /
まがたま
著 者 /
まがたま俳句会
判 型 /
四六判並製・カバー装
価 格 /
2,000円(税抜き)
「まがたま」五周年記念としてアンソロジーを出すことにしました。 お祝いの会を催すのではなく、自祝として、今まで「まがたま」に発表した句・文章で構成することにいたしました。中には新しく文章を記した方もありました。集まった原稿に目を通しながら、会員の皆々さんの句への熱い思いが伝わってきました。
【 オリジナル句集 】
句 集 /
白く踊ってゐたりけり
著 者 /
片野 蓮
判 型 /
四六判上製・カバー装
価 格 /
2,095円(税抜き)
杳として白く踊ってゐたりけり
「青玄」時代の直情的あるいは自由闊達から、徐々に、仏への敬虔な思いと世上への関わりの相剋を、言葉を練磨しつつ深化させているようだ。遍き光の中、無碍の立ち姿が見えてこようとしている。
後藤昌治(「跋」より)
【 俳句界叢書 】
句 集 /
野火
著 者 /
園部知宏
判 型 /
四六判上製・函入り
価 格 /
2,667円(税抜き)
野火立ちて大地の鼓動始まれり
一集の底流にある氏の産土の山河、その風土に根差した日々の暮らしの中で、己を見据えた生命の発露、人間存在の根源に触れた作品の情趣は深い。
鳥井保和(「序」より)
【 オリジナル句集 】
遺句集 /
教師の笛
著 者 /
吉田金也
判 型 /
四六判上製・函入り
価 格 /
私家版
風光る教師の笛が児ら放つ
永年にわたり教職を務め、俳句の道に半世紀、萬緑賞受賞作家の遺した“生きた証”。 感動の具象化を目指した作家の、足跡編・俳句編を収録。
【 オリジナル句集 】
句 集 /
優游
著 者 /
瀬谷泰泉
判 型 /
文庫判並製・カバー装
価 格 /
952円(税抜き)
昭和元年に生まれて戦後50年俳句を作ってきたが、これという名句はできなかった。語呂あわせではなく文字通り「迷人の迷句多産」に終った。選に入った句をさらにしぼって全句の2パーセント331句を残すことにした。
【 オリジナル句集 】
句 集 /
羽音
著 者 /
吉村道子
判 型 /
四六判上製・カバー装
価 格 /
私家版
一瞬の羽音に天の鶴となる
この作品は、母が、鹿児島県の出水に、鶴を見に行った時のものです。作品の「羽音」を句集の題名にしました。振り返りますと、母の人生には、様様な困難がありましたが、俳句とエッセイを創作する時だけは、鶴が大空を自由に飛翔する様に、母の心が自由に飛翔した時だったような気がします。そして、こんな一時があったからこそ、その様な困難に立ち向かう勇気が与えられ、困難を乗り越えて行く事が、できたのではないでしょうか。
則松長子
【 ベストセラーシリーズ 】
句 集 /
地軸
著 者 /
田中賢治
判 型 /
四六判上製・カバー装
価 格 /
2,476円(税抜き)
遅き日や地軸ゆらりと傾きて
自由闊達、そして軽妙、酒脱さを加えて、まさに”虚実皮膜”日常と非日常のはざまを巧みに切り取って、一気に俳句に仕上げる力量は並のものではない。句集刊行を機に、ますます詩想に磨きがかかることを期待してやまない。
山崎 聰

2017年| 1月
2016年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2015年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2014年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2013年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2012年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2011年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2010年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2009年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2008年| 12月11月10月9月8月7月6月5月

あなたの記念の一句を、日本酒、ワイン、焼酎のラベルに刻印(浮彫/平彫 金仕立)します。詳細は、こちらへ。
光明兼光本店 姫路市飾磨区構5-198
TEL:079-234-1234