2009 年 11 月刊行書籍
【 オリジナル句集 】
句 集 /
倭彩
著 者 /
大沼遊魚
判 型 /
四六判上製・カバー装
価 格 /
私家版
全輪に 東風巻き取りて 離陸せり
奥信濃の自然を原風景として、自然の大らかさを俳句の心に巻き取るように吸収し、さらなる精進を積み重ねながら次のステップに向けて離陸をしようとされている。
能村研三(「序」より)
【 平成俳人群像 】
句 集 /
春の星
著 者 /
白石多稔
判 型 /
菊判上製・カバー装
価 格 /
2,667円(税抜き)
渤海に 入る長城や 秋怒涛
中国の風土を情感もって詠いあげ、風土に涵って風土を詠うの「夏爐」のモットーを実施している。
古田紀一
【 オリジナル句集 】
句 集 /
藁塚
著 者 /
宮崎登美子
判 型 /
四六判上製・カバー装
価 格 /
私家版
藁塚の 一つが動き 父となる
登美子さんは、風土性豊かな恵まれた環境の中で生活を営み、大地や自然に親しみながら句業を続けている人なので、その作風も確りと大地に根ざしている。
彦根伊波穂
【 オリジナル句集 】
写俳集 /
俳句と写真とHAIKU
著 者 /
堺 雄子・堺 点子
判 型 /
B5判並製・カバー装
価 格 /
3,333円(税抜き)
現代人は、コンピューターのように、頭が巨大化し、知識・情報が連日頭脳に投げ込まれる。そんな忙しい疲れ気味の頭脳に、一陣の爽やかな風を送るのが俳句だ。 自然に身をゆだねるここちよさ。自分を自然の大いなる一部だと認める安心。写真の世界も同じなのかもしれない。この写俳集を手にした方は、おそらく同じおもいになってくれたのではないだろうか。 ゆったりと自然に触れよう。 ゆったりとものを見よう。 ゆっくりと言葉を味わおう。
河内静魚
【 オリジナル句集 】
句 集 /
水のリボン
著 者 /
上原恒子
判 型 /
四六判上製・カバー装
価 格 /
2,667円(税抜き)
睡蓮は 水のリボンで ありにけり
著者の俳句の新しさはすでに定評がある。私だけではなく「門」の仲間の注目の的という存在である。句集名になった掲句にも無類の「新しみ」を見る。平凡な景にして斬新な発想が楽しい。
鈴木鷹夫 ―「序」より
【 オリジナル句集 】
句画集 /
吾嬬はや
著 者 /
竹貫示虹・竹貫千代子
判 型 /
四六判上製・ビニール装
価 格 /
2,476円(税抜き)
夫婦でも親子でもいつか別れが来るのでしょうし、形あるものは必ず滅ぶ、ということは本当です。それなら一冊を残しても儚いのかも知れません。しかし人は一人では生きて行けないのも事実。今まで縁のあった人もない人も、すべてお陰で生きていると思えば、妻生前のお礼を申し上げたいと思います。
「あとがき」より
【 オリジナル句集 】
句 集 /
素秋の水
著 者 /
竹貫示虹
判 型 /
四六判上製・ビニール装
価 格 /
2,476円(税抜き)
尊敬する芭蕉でも、ほんとうにいい句を作ったのは、51歳で亡くなる最後の10年間でした。 私も82歳、これから10年は生きて、最後のしめくくりをしたいと思っています。芭蕉以来、俳句は進歩していない、という考えもありますが、本當かどうか、不易にどれだけ近づけるか、消えぬものが殘せるかどうか、私の最後の精進が始まるようです。
「あとがき」より
【 オリジナル句集 】
句 集 /
絣の里
著 者 /
山本初枝
判 型 /
四六判上製・カバー装
価 格 /
2,476円(税抜き)
藍染めの 朱の糸匂ふ 紅芙蓉
俳句の骨格を身にした 即物具象の佳吟で、 沖縄の風土に根ざして 日常身辺を詠む作者の特色を、 好ましい形で宿している。
千田一路

2017年| 5月4月3月2月1月
2016年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2015年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2014年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2013年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2012年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2011年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2010年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2009年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2008年| 12月11月10月9月8月7月6月5月
句集自費出版の説明へ

恋する俳句

め~る一行詩

第16回山本健吉賞決定

応募

あなたの記念の一句を、日本酒、ワイン、焼酎のラベルに刻印(浮彫/平彫 金仕立)します。詳細は、こちらへ。
光明兼光本店 姫路市飾磨区構5-198
TEL:079-234-1234