2009 年 03 月刊行書籍
【 心に残る現代の俳句作家 】
句 集 /
一冬木
著 者 /
杓谷多見夫
判 型 /
四六判上製・カバー装
価 格 /
2,762円(税抜き)
句集名を『一冬木』としたのは「欅の細道」をイメージしたものである。この欅の「一冬木」が私の目には、時に亡き妻の幻影であったり、時にわが孤身単影の姿であったりする。この句集にも多くの「一冬木」の作品を収めているが、「欅の細道」を詠んだものである。「一冬木」は、私としてはどうしても句集名にしたかった題名であった。
【 オリジナル句集 】
句 集 /
花の昼
著 者 /
臼井愛代
判 型 /
四六判並製・カバー装
価 格 /
1,905円(税抜き)
横浜に汽笛の曳ける花の昼
句集『花の昼』の方向は、 確と定まっている。 明るくて深く、 そして大きな世界である。 迷うことは無い。 ただひたすらに 前へ前へと進めばいい。
高橋信之(「序」より)
【 オリジナル句集 】
句 集 /
息吹
著 者 /
栗田てる
判 型 /
四六判上製・カバー装
価 格 /
私家版
「水明」「狩」に学んだ著者の第一句集。
昭和51年から 平成19年までの 句作の成果を収録。 「精一杯考え、行動し、 生き甲斐と してきた証」(あとがき)を 詠みあげてきた 叙情豊かな作品集。
栗田修一
【 オリジナル句集 】
句 集 /
竜の玉
著 者 /
間宮千江
判 型 /
四六判上製・函入り
価 格 /
私家版
蓮如忌や芽立をさそふ夜の雨
間宮千江さんは誠実で綿密な詠風がよい。 この句集の刊行をこころより喜びたい。
森 澄雄(「序に代えて」より)
【 オリジナル句集 】
句 集 /
著 者 /
田中吾空
判 型 /
四六判並製・カバー装
価 格 /
1,905円(税抜き)
瀬の音に風の流れる昼寝かな
深い山中をさらさらゆく せせらぎの音を聞いている ような感じがする。 また、ときおり、 その流れが川中の岩を 打って上げるしぶきの音を 聞いているような 静かな句郡である。
辻 桃子(「序」より)
【 俳句作家選集 】
句 集 /
流氷期
著 者 /
齋藤 満
判 型 /
四六判上製・函入り
価 格 /
2,571円(税抜き)
大正生まれの作者が 醸し出すモダニズムは、 生き抜いてきた昭和の 味がする、見事な 一巻である。
品田まさを(「序」より)
【 俳句界叢書 】
句 集 /
ここまで
著 者 /
鎌田幸彦
判 型 /
四六判上製・函入り
価 格 /
2,667円(税抜き)
俳句を作るようになってから五十年になる。 飽きやすい人間が性懲りも無く五十年もの間、俳句を作り続けたもんだと、自分で飽きれている。今回、機会があったので自分(史)詩として編んでみることにした。
(「あとがき」より)

2017年| 1月
2016年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2015年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2014年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2013年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2012年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2011年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2010年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2009年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2008年| 12月11月10月9月8月7月6月5月
句集自費出版の説明へ

恋する俳句

め~る一行詩

第16回山本健吉賞決定

応募

あなたの記念の一句を、日本酒、ワイン、焼酎のラベルに刻印(浮彫/平彫 金仕立)します。詳細は、こちらへ。
光明兼光本店 姫路市飾磨区構5-198
TEL:079-234-1234