※ 自費出版は、最大60回まで分割払いできます。 詳細は→「句集づくり」
【 オリジナル句集 】
句 集 /
万年青
著 者 /
半田かほる
判 型 /
四六判上製/カバー装
価 格 /
2,667円(税抜き)
七つ川あれば七つの青野あり
芭蕉が言うように、俳句は自由であります。彼女の句は、彼女の表現であり、いのちのメッセージであります。いのちの真珠であり、いのちの笑顔であります。これからも感謝のうちにいのちを光らせるような句を、ひびかせてほしいと思います。七つ川の先にある利根川の流れのように、涸れることなく俳句の道を、ひらかせてほしいと思います。
落合水尾
【 平成俳人叢書 】
句 集 /
梨の芯
著 者 /
武田菜美
判 型 /
四六判上製/カバー装
価 格 /
2,667円(税抜き)
聊かは辛酸も知り梨の芯
句集『梨の芯』はどこから読んでも表現力に富んだ、言葉の仕掛を愉しめる作品に出会える。
こんな力量のある人が、重い腰をやっとあげての第一句集、世は捨てておかないと思う。
中原道夫
【 ベストセラーシリーズ 】
句 集 /
一角獣
著 者 /
井門三千代
判 型 /
四六判上製/カバー装
価 格 /
2,476円(税抜き)
犇きて一角獣の慈姑かな
この作品は師進藤一考のご健在だった頃発表されたが、選をされた師は「句集名は決まったネ」と言われたのである。まさに独自性のある作品である。当時の作者の快調さを伝える逸話と言ってよいだろう。
佐藤麻績(「序」より)
【 俳句ライブラリー 】
句 集 /
海鳴り
著 者 /
岡崎たかね
判 型 /
四六判並製/カバー装
価 格 /
私家版
無伴奏チェロは海鳴り敗戦日
岡崎さんが、反戦、反核平和のガチガチだけでなく、抒情句にもすぐれた作品があることを確認出来、太穂山系に欠かせない秀峰であることを証明した。
望月たけし
【 オリジナル句集 】
句 集 /
草の花
著 者 /
名和未知男
判 型 /
四六判上製/カバー装
価 格 /
2,667円(税抜き)
古都なれや道の秋草みな親し
老来、私の旅好き・植物好き・山好き(今は眺めるだけですが)は、ますます強まっています。この句集にも旅吟が多く含まれていて、選んだ素材も植物(殊に野草)や山が多いかと思います。
日本国内については、主な所は、歩き尽くした感もありますが、季節が異なれば新たな発見もあり、名句(迷句)が生まれるかと期待しています。
「あとがき」より
【 俳句作家選集 】
句 集 /
原始楽器
著 者 /
狩野康子
判 型 /
四六判上製/カバー装
価 格 /
2,571円(税抜き)
まむし草原始楽器のごと叩く
常識を嫌い、知的掘り起こしに興味を覚えて、<創作>ということに意を傾けていることが分かる。それも、これが何よりも大事なことなのだが、頭でなく軀で、知よりもむしろ肉体で行っているのが魅力的。<仏教の末裔として鮎の骨>のような人を喰った句も現れて不思議はない。佳し悪しを別に。
金子兜太
【 オリジナル句集 】
句 集 /
巴里は未だ
著 者 /
井上さち
判 型 /
四六判並製/フランス装
価 格 /
2,500円(税抜き)
巴里は未だ昨日の日付なる湯冷め
農家の暮らし。娘の住むパリへの思い。蝶を愛で、草を刈り、現実と空想の世界を行き来しつつ、井上さちはその軌跡をしなやかな十七音に刻む。やわらかなオノマトペに詩を煌めかせる。
夏井いつき
【 平成俳人叢書 】
句 集 /
へえとかほおとか
著 者 /
石川まゆみ
判 型 /
四六判上製/カバー装
価 格 /
2,667円(税抜き)
へえとかほおとか焼き芋の紙とりながら
夫が少し住んだことのある鳥取県の米子に夫婦で旅行した時、できた句。夫の説明を聞きながらの、まゆみの言葉である。この言葉に、夫婦のほどよい距離感が感じられる。焼き芋は、母から聞いた被爆体験からかも知れない。
川崎益太郎
【 オリジナル句集 】
句 集 /
水の音楽
著 者 /
伊藤眠
判 型 /
四六判上製/カバー装
価 格 /
2,667円(税抜き)
海の日や走り出したき「赤い靴」
伊藤眠さんは、句集を編むたびに変貌を遂げてきた。第三句集『水の音楽』は、虚実の間を自在に行き来する句をはじめ、俳味の良さのある句やウィットに富んだ句など実に多彩である。俳句という赤い靴を履いてしまった眠さんは、これからも理想の俳句を追い求め続けていくだろう。それは俳句を愛してしまった者の宿命だから……。
大木あまり
【 オリジナル句集 】
句文集 /
梅が里
著 者 /
西浦月城
判 型 /
菊判上製/カバー装
価 格 /
2,667円(税抜き)
山襞もゆるびし今朝の梅日和
月ヶ瀬村出身の丸山佳子ご夫妻の「比翼句碑」建立に携わったのがご縁で、俳句を作るようになりました。この句文集各章の扉絵には妻の「和紙絵」を挿入しております。果てしない夢を追って急な坂道を駆け上って来た夫婦の集大成の一巻であります。
著者

2018年| 1月2月
2017年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2016年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2015年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2014年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2013年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2012年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2011年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2010年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2009年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2008年| 12月11月10月9月8月7月6月5月