※ 自費出版は、最大60回まで分割払いできます。 詳細は→「句集づくり」

【 その他 】
書 名 /
五十嵐米子作品集
著 者 /
五十嵐米子
判 型 /
四六判上製/函入り
価 格 /
3,000円(税抜き)
端正に生きて八十路の花莚
句歴七〇年超───
大いなる自然、四季折々を甘受しながら、ひたすらロマンを追い続けてきた著者の足跡。

【 オリジナル句集 】
書 名 /
海にも嶺のあるごとく
著 者 /
大久保白山
判 型 /
四六判上製/カバー装
価 格 /
2,667円(税抜き)
海嶺をつつみ消しゆく五月闇
今回の句集が十四冊目になるが、山道俳句路線にいるものの前句集とは雰囲気も仲間も違う。
あらためて「海嶺」全巻九十冊を通読して、いろいろな想いにかられている。
「あとがき」より
【 イカロス選書 】
書 名 /
山茶花
著 者 /
松田多朗
判 型 /
四六判上製/カバー装
価 格 /
2,667円(税抜き)
山茶花や風のこぼせし色敷ける
柯城・隆英の教えをもとに馬醉木俳句を志向して、裾野の広く頂の見えない俳句の道を歩んできた。
「あとがき」より
【 オリジナル句集 】
句 集 /
実梅
著 者 /
吉野高代
判 型 /
四六判上製/函入り
価 格 /
私家版
車椅子の母にもつきし草の絮
車椅子の母との散歩から戻ると、草の絮が作者だけではなく、母の膝掛けにも付いていた。草の絮がまるで生き物のように場所を選んで飛んで来たのだと言うのである。一読して心が和み、深い安らぎを覚える句集である。
棚山波朗
【 平成俳人叢書 】
書 名 /
泉辺に
著 者 /
木下慈子
判 型 /
四六判上製/カバー装
価 格 /
2,667円(税抜き)
冬耕や島のオラショは地に潜み
風土に根差した慈子さんの句、長崎という地ならではの言葉が並ぶが、写生が確かなので、情に溺れず、景がくっきり見えてくる。
徳田千鶴子
【 その他 】
書 名 /
山月集 ー忘れえぬ珠玉ー かな女の句 秋子の句
著 者 /
落合水尾
判 型 /
四六判並製/カバー装
価 格 /
2,000円(税抜き)
羽子板の重きが嬉し突かで立つ(長谷川かな女)
長谷川かな女・秋子──。
「水明」二代の女流主宰、主幹に学べたことは、私の誇りとするところで、「浮野」創刊40周年にあたり、敬愛する2名の鑑賞集を刊行出来ることは何よりの幸甚である。この一集が、広く永く活用されることを祈ってやまない。
落合水尾
【 オリジナル句集 】
句 集 /
海明け
著 者 /
大槻独舟
判 型 /
四六判上製/カバー装
価 格 /
2,667円(税抜き)
海明けを待つオホーツク船溜り
句集名の『海明け』とは、接岸していた流氷が沖に去り、出漁が可能になるという北国の人々の待ちかねた春の季題だ。独舟さんの船もまた、俳味のある景をさがして、札幌の町に漕ぎ出すことだろう。
辻 桃子
【 オリジナル句集 】
句 集 /
道草
著 者 /
関 成美
判 型 /
四六判上製/カバー装
価 格 /
2,667円(税抜き)
この山に蕨採りつつ世に余る
九十歳の今日まで、生きることに懸命で、気を抜いたり脇見をするゆとりがなかった。だからというわけではないが、ここらでちょっと息抜きをしてもよいのではないかと思うようになった。題名の『道草』は私の願望であり、夢といってもいい。道草の途中で、思いがけない出会いがあったり、異なる世界が覗けるかもしれない。そんな思いもある。
「あとがき」より
【 その他 】
句文集 /
旧街道ー遊びをせんとや
著 者 /
小熊未央
判 型 /
四六判並製/カバー装
価 格 /
2,700円(税抜き)
餅花やいのちいたわる灯のごとし
作品は、作者のキャリアの積み重ねそのもの通り、市井日常の生活に、作者のあり余る感性の導きによって生まれた、人を惹きつける俳句が綴られている。
鈴木 明(「序」より)
【 その他 】
入門書 /
桃子先生、俳句ここを教えて!
著 者 /
辻 桃子
判 型 /
四六判並製/カバー装
価 格 /
1,200円(税抜き)
ライバルと差をつける必読の一冊
本書は、二〇〇九年から二〇十六年までの八年間、「童子」誌に連載された「初心者講座・ここが知りたい」を改稿、加筆したものです。当初の目的は、俳句を始めて間もない人のために、具体的に俳句の作り方の疑問に答えようとしたものでした。毎回のテーマは、私が参加するいろいろな句会で寄せられた質問や、私自身が疑問に感じたことが元になっています。辻桃子先生のご回答は、具体的に実例を示して説明してくださるばかりか、俳人としての有り様や人としての生き方にまで及びました。「鐘は強く打てば大きく響き、弱く打てば小さく響く」のとおり、花子さん、月子さん、雪子さんのそれぞれの質問の深さに応じて、味わい深い答えが返ってきたのです。
増田 真麻(「疑問に答えていただいて」より)

2017年| 9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2016年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2015年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2014年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2013年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2012年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2011年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2010年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2009年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2008年| 12月11月10月9月8月7月6月5月
句集自費出版の説明へ
俳句界ニュース LINE
恋する俳句
め~る一行詩
第16回山本健吉賞決定

あなたの記念の一句を、日本酒、ワイン、焼酎のラベルに刻印(浮彫/平彫 金仕立)します。詳細は、こちらへ。
光明兼光本店 姫路市飾磨区構5-198
TEL:079-234-1234