※ 自費出版は、最大60回まで分割払いできます。 詳細は→「句集づくり」

【 その他 】
鑑賞集 /
私の名句鑑賞
著 者 /
工藤眞一
判 型 /
四六判並製/カバー装
価 格 /
2,300円(税抜き)
私たちは優れた俳句を鑑賞し、自ら句作することを通して、日々、新たなる自分自身に向き合い、自然のいのちを自分のいのちとして感じ、創造することを喜び、表現することの楽しさをいつまでも失わないで生きて行きたいと思うのである。
「あとがき」より

【 オリジナル句集 】
句 集 /
今年酒
著 者 /
小岩井洋子
判 型 /
四六判上製/カバー装
価 格 /
2,800円(税抜き)
酒蔵の窓より釣瓶落しの日
『甑倒し』に続く『今年酒』は、小岩井洋子の酒造り詠の集大成の句集。酒を醸造するのは、ひとりの人間を育てるようなどきどきした臨場感がある。懐の深い俳人、唎酒名人の句を堪能する。
宮坂静生
【 その他 】
その他 /
俳句難読用語辞典
著 者 /
西山惠二
判 型 /
変形判上製/カバー装
価 格 /
2,000円(税抜き)
「俳句によく用いられているが難しい」「何となく意味の見当はついても読めない」難読三九四八語とその読みを収録
【 オリジナル句集 】
句 集 /
ふふむ
著 者 /
橋本 薫
判 型 /
変形判並製
価 格 /
1,500円(税抜き)
子にさくら子の子にさくらまたあした
笑いと涙にあふれた純真な句集であり、作品を通して橋本薫さんという難波の女性の情の濃さを改めて知る。孫を見守り、親を看取る日常を作品にすることは、つまり生と死という人生の根本主題と取り組むことである。俳句という詩で何を詠むかといえば、究極的に人間を含めた自然を通じての命の讃美を詠い上げることに他ならない。
坂本宮尾
【 オリジナル句集 】
句 集 /
花野
著 者 /
塩川京子
判 型 /
四六判上製/カバー装
価 格 /
3,000円(税抜き)
大花野一本の道貫けり
高校生の頃から始めた俳句の道を歩き続けて、もう六十年以上になる。こんなに居心地の良い俳句という場所は私に取っては極楽のような、或いは「花野」のようなものである。秋の草花が咲き乱れる花野に、「阿吽」の仲間と、又或る時は一人で、自由に思う存分遊べる花野。高濱虚子はその著書『俳句への道』の中で、俳句は「極楽の文学である」と述べているが、私に取ってまさに俳句の世界は極楽の世界なのである。
「あとがき」より
【 オリジナル句集 】
句 集 /
身の遥か
著 者 /
笠原壮介
判 型 /
四六判並製/カバー装
価 格 /
2,200円(税抜き)
寒北斗夜勤に耐へし身の遥か
戦争に父親が召集され、氏自身はその少年時代を戦時下に育ったという経験を持つ。その体験も俳句に深く影響を与えていることとなる。だからこそ反骨の精神が培われたのだろう。実直で正義感の強い人柄が、一層その感を強くした。生活を見つめる俳句にも、社会的な問題を抜きにして作句はしていない。決して現実から目をそらさないのである。
衣川次郎
【 令和俳人叢書 】
句 集 /
雪つぶて
著 者 /
龍野 龍
判 型 /
四六判上製/カバー装
価 格 /
2,700円(税抜き)
一木を打つて芯立つ雪つぶて
龍さんは、俳句を捨てなかった。『手足』につぐ『雪つぶて』、第二句集である。河野邦子さんの後を受け「浮野」編集長の任にある。龍俳句の魅力は「内実の微妙の確かなる把握と簡朴にして清澄なリリシズムの徹底にある」を貫いている。「よく観ること、モノの核心を詠うこと」を水尾の観照一気の俳句から学んだという。〈一木を打つて芯立つ雪つぶて〉の立体を表現して過不足のない感動の表出は絶妙である。郷土共感の自然・生活を詠んだ多くの句から、私たちは人生の機微を学ぶに違いない。今後とも、生き生きとして楽しい俳句を詠もう。
「浮野」主宰 落合水尾
【 オリジナル句集 】
句 集 /
著 者 /
西川豊子
判 型 /
四六判並製/カバー装
価 格 /
2,000円(税抜き)
重さなき蛍わが掌を灯しけり
蛍に照らし出された著者の掌には、著者の人生そのものが象徴されている。重さも無い小さな蛍と著者は心を通い合わせているのだ。対象に対する温かい視線のあればこそ感受することができる境地であり、また詠むことができる作品である。その他にも境涯を詠んだ句や、身辺を詠んだ句にも佳句が多く見られる。
才野 洋
【 オリジナル句集 】
句 集 /
泥遊び
著 者 /
松本公節
判 型 /
四六判上製/カバー装
価 格 /
2,800円(税抜き)
泥遊び好きで還暦代田搔く
氏は真摯な農の人であり、真摯な田園詩人である。
阿部正調
【 俳句作家選集 】
句 集 /
花の城
著 者 /
廣﨑龍哉
判 型 /
四六判上製/カバー装
価 格 /
2,600円(税抜き)
銃眼の三角四角花の城
第三句集『花の城』は、最近の十年間に作った数多くの句の中から三〇〇句に絞って取りまとめたものである。小田原城の掘割を取りまく満開の桜、白壁には三角や四角銃眼があり、死線を空に向けると白亜の天守閣が青空に聳え立っている。感動のひと時、至福のひと時であった。
本書より

2020年| 5月4月3月2月1月
2019年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2018年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2017年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2016年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2015年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2014年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2013年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2012年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2011年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2010年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2009年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2008年| 12月11月10月9月8月7月6月5月