※ 自費出版は、最大60回まで分割払いできます。 詳細は→「句集づくり」
【 オリジナル句集 】
句 集 /
さくら隠し
著 者 /
近藤稲水
判 型 /
四六判上製/カバー装
価 格 /
2,700円(税抜き)
晩酌を日本酒に替へ冬に入る
さすがに、酒造店を経営していただけに冬ともなれば、自ずと日本酒に切り替えるのであろう。寒さの厳しい秩父谷の暮しを物語っている。九十五歳を越え矍鑠と俳句を作り続けて行く上に日本酒は欠かせないのかも知れない。
山﨑十生
【 オリジナル句集 】
句文集 /
をりをり/走馬灯
著 者 /
瀧澤 博/瀧澤 幸
判 型 /
四六判並製/カバー装
価 格 /
私家版
見はるかす関東平野麦の秋/二人して尽きるまで行く花の道
『をりをり』博様は辺幅を飾らぬ人柄で技巧をこらさず簡潔さと潔さに過去の次元の高い人生をうかがえるのである。
『走馬灯』何事も博様をたてて良き伴侶として過ごされた、ゆるぎない二人の歴史が俳句にほのぼのと詠まれている。
吉田節子
【 オリジナル句集 】
句 集 /
一途なる蟻
著 者 /
飛田キミ子
判 型 /
四六判上製/カバー装
価 格 /
2,700円(税抜き)
吾のごとき一途なる蟻じつと見る
子の蟻の句は群れを離れ「己」の進む道を、ただひたすら歩いている蟻がクローズアップされて見えてくる。キミ子さんの、これから進む道はどんな道であろうか。絶望の道か、光り輝く栄光の道か。いずれにしても、この蟻のように邁進して行くであろう。私は、今後キミ子俳句がどのように、進化してゆくか目が離せなくなった。楽しみと同時に、期待が尽きないのである。
高﨑公久
【 令和俳人叢書 】
句 集 /
蝶の鱗粉
著 者 /
武田和代
判 型 /
四六判上製/カバー装
価 格 /
2,700円(税抜き)
指につく蝶の鱗粉多佳子の忌
橋本多佳子の俳句の世界を象徴する「蝶の鱗粉」。勿論、作者はそんな大それた意図を抱いて詠んだのではないはずだ。俳句の読みぶりも、立ち位置もまったく異なる。しかし、身に備わった感性が「蝶の鱗粉」を見て取ったのである。
甲斐遊糸(「跋」より)
【 オリジナル句集 】
句 集 /
冬日和
著 者 /
髙松守信
判 型 /
四六判上製/カバー装
価 格 /
2,700円(税抜き)
餅一つ小分けする身を愛ほしむ
題名は、人生の来し方行く末を日溜まり、蒼い空の中で思い巡らす心の動きをイメージしてのものです。私の俳句信条は、「昴」創刊主宰・老川敏彦の「内観造型」――「秋」創刊主宰・石原八束提唱の俳論を引き継いでのものですが、実作上どれほど具現、作品化出来ているでしょうか。
「あとがき」より
【 オリジナル句集 】
句 集 /
からだから
著 者 /
藤原暢子
判 型 /
四六判並製/カバー装
価 格 /
1,800円(税抜き)
どこからを旅と呼ぼうか南風
藤原暢子流の旅が少しわかったような気がした。見る、という目を働かせていることはもちろんだが、見るだけでは決して終らない。出会って、触れあって、交感する。それらすべてが藤原暢子の旅となるのだ。『からだから』はそのような旅の足跡そのものであるといえよう。
飯田 晴(「序」より)
【 オリジナル句集 】
句 集 /
風の楽章
著 者 /
山田節子
判 型 /
四六判上製/カバー装
価 格 /
2,400円(税抜き)
私でありたい余生冬すみれ
節子の体内を流れる〈ひびき〉と〈かたち〉がさまざまな〈うた〉となり、音曲となって、節子の世界をつくっている。これは決して絵空事ではない。わが命の場である〈原郷〉を、そしてそこで生きて来たわが生の〈ありよう〉を、懸命に奏でた、これは節子の交響楽である。
星永文夫(「序」より)
【 オリジナル句集 】
句 集 /
遠富士
著 者 /
萩原まさこ
判 型 /
四六判上製/カバー装
価 格 /
2,700円(税抜き)
遠富士や鱚釣り並ぶ浜日和
駿河湾から見た「遠富士」と思われる。鱚釣りは、もしや今は亡きご主人だろうか。釣りが何よりの趣味だったご主人は、自身は俳句をなさらなかったが、生涯を通じて奥さまの俳句に協力的だったという。そんなご主人は平成十七年、六十六歳で永眠された。本句集に散見する釣りに関わる句は、とりもなおさず著者の夫恋いの句といえるのではないか。
棚山波朗
【 オリジナル句集 】
句 集 /
螢の夜
著 者 /
安藤美佐江
判 型 /
四六判上製/カバー装
価 格 /
2,700円(税抜き)
螢の夜ふたりとなりし螢の夜
郭公の鳴くこの家に嫁いで来て四十数年。螢は自分と夫の祖父母となったり父母となったりする。また遠くに住む息子となったり娘となったりする。美佐江さんは、夫と二人で螢を見ている。
武藤紀子
【 オリジナル句集 】
句文集 /
宥座の器
著 者 /
戸田正宏
判 型 /
変形判並製
価 格 /
1,500円(税抜き)
夕涼みしてゐる能の楽屋裏
作者の郷里には名高い芸能であるところの能の伝統がある。この句は、いわゆる上から目線ではなく、過剰な自我意識のない作品。人間本来の放下の姿を捉えている。そこには安らぎがある。
佐藤麻績

2020年| 5月4月3月2月1月
2019年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2018年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2017年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2016年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2015年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2014年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2013年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2012年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2011年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2010年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2009年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2008年| 12月11月10月9月8月7月6月5月