※ 自費出版は、最大60回まで分割払いできます。 詳細は→「句集づくり」
【 令和俳人叢書 】
句 集 /
蝶の鱗粉
著 者 /
武田和代
判 型 /
四六判上製/カバー装
価 格 /
2,700円(税抜き)
指につく蝶の鱗粉多佳子の忌
橋本多佳子の俳句の世界を象徴する「蝶の鱗粉」。勿論、作者はそんな大それた意図を抱いて詠んだのではないはずだ。俳句の読みぶりも、立ち位置もまったく異なる。しかし、身に備わった感性が「蝶の鱗粉」を見て取ったのである。
甲斐遊糸(「跋」より)
【 オリジナル句集 】
句 集 /
冬日和
著 者 /
髙松守信
判 型 /
四六判上製/カバー装
価 格 /
2,700円(税抜き)
餅一つ小分けする身を愛ほしむ
題名は、人生の来し方行く末を日溜まり、蒼い空の中で思い巡らす心の動きをイメージしてのものです。私の俳句信条は、「昴」創刊主宰・老川敏彦の「内観造型」――「秋」創刊主宰・石原八束提唱の俳論を引き継いでのものですが、実作上どれほど具現、作品化出来ているでしょうか。
「あとがき」より
【 オリジナル句集 】
句 集 /
からだから
著 者 /
藤原暢子
判 型 /
四六判並製/カバー装
価 格 /
1,800円(税抜き)
どこからを旅と呼ぼうか南風
藤原暢子流の旅が少しわかったような気がした。見る、という目を働かせていることはもちろんだが、見るだけでは決して終らない。出会って、触れあって、交感する。それらすべてが藤原暢子の旅となるのだ。『からだから』はそのような旅の足跡そのものであるといえよう。
飯田 晴(「序」より)
【 オリジナル句集 】
句 集 /
風の楽章
著 者 /
山田節子
判 型 /
四六判上製/カバー装
価 格 /
2,400円(税抜き)
私でありたい余生冬すみれ
節子の体内を流れる〈ひびき〉と〈かたち〉がさまざまな〈うた〉となり、音曲となって、節子の世界をつくっている。これは決して絵空事ではない。わが命の場である〈原郷〉を、そしてそこで生きて来たわが生の〈ありよう〉を、懸命に奏でた、これは節子の交響楽である。
星永文夫(「序」より)
【 オリジナル句集 】
句 集 /
遠富士
著 者 /
萩原まさこ
判 型 /
四六判上製/カバー装
価 格 /
2,700円(税抜き)
遠富士や鱚釣り並ぶ浜日和
駿河湾から見た「遠富士」と思われる。鱚釣りは、もしや今は亡きご主人だろうか。釣りが何よりの趣味だったご主人は、自身は俳句をなさらなかったが、生涯を通じて奥さまの俳句に協力的だったという。そんなご主人は平成十七年、六十六歳で永眠された。本句集に散見する釣りに関わる句は、とりもなおさず著者の夫恋いの句といえるのではないか。
棚山波朗
【 オリジナル句集 】
句 集 /
螢の夜
著 者 /
安藤美佐江
判 型 /
四六判上製/カバー装
価 格 /
2,700円(税抜き)
螢の夜ふたりとなりし螢の夜
郭公の鳴くこの家に嫁いで来て四十数年。螢は自分と夫の祖父母となったり父母となったりする。また遠くに住む息子となったり娘となったりする。美佐江さんは、夫と二人で螢を見ている。
武藤紀子
【 オリジナル句集 】
句文集 /
宥座の器
著 者 /
戸田正宏
判 型 /
変形判並製
価 格 /
1,500円(税抜き)
夕涼みしてゐる能の楽屋裏
作者の郷里には名高い芸能であるところの能の伝統がある。この句は、いわゆる上から目線ではなく、過剰な自我意識のない作品。人間本来の放下の姿を捉えている。そこには安らぎがある。
佐藤麻績
【 オリジナル句集 】
句 集 /
琵琶行
著 者 /
如月真菜
判 型 /
四六判並製/カバー装
価 格 /
2,500円(税抜き)
つかのまの近江住まひや遠砧
加藤郁乎はかつて、如月真菜の俳句を「意識するともなく歌舞伎狂言の『羽織落し』の型を身に付けている」と評した。『琵琶行』もその型のこなしを十二分に堪能させてくれる。
辻 桃子
【 イカロス選書 】
句 集 /
足音
著 者 /
衣川次郎
判 型 /
四六判上製/カバー装
価 格 /
2,700円(税抜き)
たんぽぽの子の足音が好きで咲く
東日本大震災の津波と原発事故から九年。水仙が、紫木蓮が、さくらが咲き、散り終った。妻が亡くなり二年余となるが、自然は正直である。この春からは新型コロナウイルスが世界中に蔓延し、いつ終息するのか予測がつかない。人間一人一人の生き方、俳句を作る姿勢が問われているような気がしてならない。
衣川次郎
【 オリジナル句集 】
句 集 /
釜ひとつ
著 者 /
服部椿山
判 型 /
四六判上製/カバー装
価 格 /
2,200円(税抜き)
光ること考へてゐる雪の花
『釜ひとつ』には、彼が病院に勤務し、定年後、茶道の教師になり、母親を家で看取った長男の責務をよしとする家族愛や、仲間愛が、通奏低音として鳴り響いている。
五島瑛巳

2020年| 5月4月3月2月1月
2019年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2018年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2017年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2016年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2015年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2014年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2013年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2012年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2011年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2010年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2009年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2008年| 12月11月10月9月8月7月6月5月