●毎月25日発売
●A5判  ●定価1,200円

○ 月刊 俳句界 2017年3月号 ○
特   集
日本俳都めぐり
八戸、金沢、東京、名古屋、伊賀、関西、松山、小倉
特   集
第9回文學の森賞、第18回山本健吉評論賞(受賞評論全文掲載)
特別作品50句
高橋将夫
特別作品21句
安部元気、鈴鹿呂仁、川治汎志
充実の連載陣!
「牡丹と怒濤ー加藤楸邨伝」石寒太、他
セレクション結社
「夏爐」松林朝蒼
俳句界NOW
小野寿子「薫風」
甘口でコンニチハ!
浜矩子(経済評論家)
amazonでもご購入いただけます→
○ 別冊付録 / 投稿 俳句界 ○
質量とも類を見ない、圧倒的に充実した総勢29名の選者陣!

添削教室選者
河内静魚、山尾玉藻(敬称略)
俳句トーナメント選者
石井いさお、五島高資、佐久間慧子、堀本裕樹(敬称略)
雑詠選者
有馬朗人、稲畑廣太郎、今瀬剛一、大串章、大牧広、角川春樹、岸本マチ子、古賀雪江、坂口緑志、佐藤麻績、鈴木しげを、辻桃子、夏石番矢、西池冬扇、原和子、山田佳乃(敬称略)
兼題選者
大高霧海、高橋将夫、田島和生、田中陽、中西夕紀、名和未知男、能村研三(敬称略)


  【下の各画像をクリックしますと、今月の各コーナーの授賞作品がご覧いただけます。】


俳句ボクシング・今月のチャンピオン
選者:石井いさお、五島高資、佐久間慧子、堀本裕樹(敬称略)
俳句ボクシング・今月のチャンピオン
白息を押しては引いて太極拳
茨城 田中喜世子
俳句ボクシング・今月のチャンピオン
蹴轆轤を回す初日の渦の中
三重 伊室美枝子
俳句ボクシング・今月のチャンピオン
母がりの掛大根の低かりき
福岡 松尾信也
俳句ボクシング・今月のチャンピオン
石垣の蛇打つた日の暑さかな
香川 磯﨑啓三
雑詠
選者:有馬朗人、稲畑廣太郎、今瀬剛一、大串章、大牧広、角川春樹、岸本マチ子、古賀雪江、坂口緑志、佐藤麻績、鈴木しげを、辻桃子、夏石番矢、西池冬扇、原和子、山田佳乃(敬称略)
雑詠-有馬朗人・選
綿虫や牛飼に牛甘えをり
静岡  渡邉春生
綿虫は、初冬のちょっと曇った日など弱々しい姿で飛び廻る。そのような静かな日の午後、牛がしきりに牛飼いに甘えているのである。綿虫が飛ぶような日は、なんとなく人懐かしい気持になる。牛も同じような気持になるのであろう。そのような静かな日の光景を佳く描いている。
居酒屋に神農さんの虎連れて
大阪  春名 勲
神農は古代中国の伝説の帝王の一人、人々に農耕や医薬を教えた。日本では少彦名神である。中国では冬至の日に神農を祀り、日本では十一月二十二、二十三日、大阪の少彦名神社で神農祭が行われ、笹の虎がお守りとして売られる。その虎を連れて居酒屋に寄ったところが佳い。
雪しんしん縫ひ針折れる音ひびき
北海道 井上映子
雪が深く静かに降っている日、一生懸命縫いものをしている。一瞬針が折れたのである。その折れる音が響き渡った。小さな細い針の折れる音がこれ程に響くとは、と驚いたのであった。雪の降る静かさがよく感じられる句である。
雑詠-稲畑廣太郎・選
ラプソディーインブルー街冬ざるる
宮崎  早川たから
ガーシュウィンの「ラプソディーインブルー」は多くの方が御存知であろう。一応クラシックのジャンルではあるが、ジャズの要素もふんだんに取り入れて、親しみ深い。「ブルー」という言葉は憂いという意味にもなるそうで、正に季題の「冬ざれ」がぴったりと嵌っていて好ましい。
白き息喪中はがきの名にかかる
埼玉  中野博夫
年末近くになると、喪中の葉書が届くようになる。季題の様子から、室内というより外の郵便受けから出して直ぐに喪中葉書を見ると、親しい人の名前があったのだろう。溜息ともとれる息が、冬の寒さで白く、その友人の名前を覆ったのである。作者の悲しみの心境がしみじみと伝わる。
女生徒の小さき思ひや毛糸編む
東京  川原瀞秋
最近は、電車の中などで女子高生が編物をしている姿をとんと見掛けなくなったが、聞いた話では、電車が揺れたりすると編棒が危ない、ということだ。筆者の学生時代を思い出すと、こんな光景はよくあったように思う。誰の為に編んでいるのだろうと想像したりすると一層楽しい。
雑詠-今瀬剛一・選
日溜りは母のぬくもり石蕗の花
島根  東村まさみ
冬の日溜りというのはありがたい。とりわけ風のないところの日溜りにいると眠くなることも ある。作者はそうした日溜りを「母のぬくもり」と表現した。見事な把握だと思う。母親の持つ 温かさ大らかさをよく捉えている。そうしたところに咲く「石蕗の花」は確かに印象に強く残る。
腹見せて鳶の降り来る冬岬
三重  森下充子
岬、それも冬の岬である。しかも空高く悠然と鳶が舞っている。いかにも大きい情景である。 作者はその情景を鳶の腹に焦点を当てて表現した。しかも「腹見せて」と主体を鳶に置くことに よって作品が力強くなった。大きな空、海の広がり、その中を降りてくる鳶はまことに印象的だ。
昼暗き嵯峨の竹林石蕗の花
奈良  髙畑美江子
嵯峨野の竹林。あの静かさは今も印象的に残っている。作者はそこを歩きながら「昼暗き」こ とを見て取った。一歩踏み込んだこの表現に引かれる。覆い被さる様に茂る竹林、その竹笹に吹 く風の音まで聞こえるようである。「石蕗の花」が暗さの中にくっきりと浮かび上がって見える。
雑詠-大串章・選
亡夫との移民史ひらく夜長かな
茨城  竹下澄子
秋の夜長、移民時代のアルバムを繙いている。そこには今は亡き夫との思い出がいっぱい詰ま っている。日本人移民の多い国としては、ブラジル、アメリカ、ペルーなどが思い浮かぶが、作 者はどこで過ごされたのか。いずれにせよ「亡夫との移民史」と端的に言ったところが心に響く。
遣明使泊めたる寺に秋惜しむ
福岡  池上佳子
遣明使は室町幕府が明に派遣した使節。手元の『日本重要人物辞典』(教育社刊)によると、 最初の使者は正使が祖阿(禅僧)、副使が肥富(博多の商人)であったという。とすれば、この 寺は博多の寺に違いない。因みに作者は福岡県にお住まいである。
黒帯の猛者なりしとはちやんちやんこ
鳥取  木嶋朗博
おだやかな表情でちゃんちゃんこを着ている御老体が、かつて「黒帯の猛者」であったとは、 驚きである。ご承知の通り「黒帯」は柔道や空手で有段者が用いる帯、「猛者」は勇猛で荒荒し い人のことである。しかし考えてみると、こういう人こそ正に、人生の有段者なのかも知れない。
雑詠-大牧広・選
夕冷えや声荒らげたり病む妻に
愛知  伊藤式郎
共感できる句。病気の妻は、体力は萎えていても、神経は冴えている。妻のためにこまごまと 立ち働いている夫の所作が気に入らなくて、こまごまと口を出す。その声に耐えられなくて、つ い大声を妻に出す。そして後悔する。夫婦のよくある場面だが、季語が実感を与えている。
ホスピスへ通ふ枯葉の風の音
茨城  田中喜世子
家人か友人がホスピスに居るのだろうか。その日その日の体調を知るためにホスピスへ通う。 自分は病んでいなくても、枯れ葉の混じる風の中を歩いていると身心が蝕まれていくように寒い。 枯れ葉のかさかさした音は、日本人だけが知る淋しい音である。
水洟や波郷も佇ちし我孫子駅
千葉  原 瞳子
石田波郷は我孫子の地で名句を詠んでいる、安孫子は文人墨客の町としてゆかしい趣を見せて、 それが「波郷も佇ちし」の措辞になっている。「水洟」、この季語が冬のさむざむとした雰囲気を ただよわせて象徴深い一句となっている。
雑詠-角川春樹・選
地震やまぬ国に生れて星月夜
神奈川 鈴木代志子
一読して、句意は明瞭である。下五に「星月夜」をもってくることで、日本人の宿命を詠んだ 上五中七の衝撃をうまく緩衝している。作者をつつむ星月夜もまた、日本に生きているゆえの賜 物なのだろう。
冬帽子深く被りて木と話す
東京  山田千夏
冬季のもつ透明感が伝わってきた作品。「冬帽子深く被りて」までは常の光景であるが、下五 に「木と話す」と着地して上質な詩となった。冬の木々の透徹としたいのちに作者が感応してい るのだ。
水底のコインに春のひかりあり
兵庫  近藤央子
小品ながら春のよろこびをすくい取っている。「水底のコイン」ということばから、何かしら の願いを込めてコインを投じた人たちの存在が浮かび上がる。彼らに幸あらんことを「春のひか り」を湛えるコインを眺めながら、作者は胸の内で念じているのだ。
雑詠-岸本マチ子・選
残る虫鳴いていのちを確かむる
埼玉  中野博夫
「虫の闇」とは真っ暗な闇をいい、「残る虫」とは深まる秋になお生き残って鳴きつづける虫 をいうが、作者は「鳴いていのちを確かむる」と己に照らし合せて、しみじみと人生の悲哀を感 じているようだ。
左見右見とみこうみいのち吹き込む菊師かな
神奈川 盛田 墾
あちらをみたりこちらをみたりする菊師の左見右見。なかなか面白い。人形にいのちを吹き込 むという事はそれだけ真剣で、生半可なことではできない。だから菊師は左見右見するのであろ う。その真剣さが好きです。
神曲が蒼穹に満ち憂国忌
東京  清水滋生
痛烈で深刻な社会批判を含むダンテの『神曲』が、蒼穹に満ちたらどんなに震える事だろう。 あの三島由紀夫の争乱事件、あれは一体何だったのであろうか。憂国忌、いままさに日本は大き な曲り角に来ているに違いない。
雑詠-古賀雪江・選
大白鳥湖抱くやうに着水す
山形  横道輝久子
白鳥は、冬シベリア地方から北海道や東北地方にやって来て、湖上や沼に棲む。その白鳥が大 羽を広げて着水するさまが「湖を抱く」ようであったと詠んで、その存在感を伝えた。着水をし た白鳥に、浮寝の鴨たちは水を開けて、白鳥はその間を堂々と太く長く水尾を引く。
蒼空に張り付いてゐる寒さかな
高知  田村乙女
冬空の深く澄み切った蒼さには、秋の空の澄んだ蒼さとは違う、人を寄せ付けないような厳し さを感じる。辺りは見渡す限り冬の景となって、荒れさびた頃でもあるので、視覚を通して一層 に感じる寒さである。そして、強い季節風が吹き払った後の空は蒼さがひときわ増す。
一息に空の階段揚雲雀
兵庫  波部壽一
春の野に空高く朗らかに囀る雲雀は最も人に親しまれている鳥である。晩春に営む巣は、草の 間に枯草や根で作る粗雑なもの。その巣を飛び立つ時には真直ぐに天に向かい一気に舞い上がる。 その様は空を漕ぐようであると俳句では詠まれる。空より帰る時はやはり垂直に急降下する。
雑詠-坂口緑志・選
榠樝の実落つ横顔の子規に似て
三重  菊田真佐
正岡子規の良く知られた横顔の写真を思い出している。子規は三十四歳で亡くなっているが、 闘病の所為であろうか、かなり老成して見える。榠樝はごつごつとした感じで、いびつな実であ るが、確かに虚子の横顔に似ている。子規への憧れがさらに膨らむようである。
*一番星いわしの葬儀あるといふ
千葉  梶原ひな子
金子みすゞに「大漁」という詩がある。いわしで大漁の浜とは対照的に、海のなかでは鰮のとむらいをするだろう、という内容である。一番星を見上げながら、小さきもの、弱きものに向けられ た詩人みすゞの思いやりの心を、思い起こしている作者が可憐である。
結氷の音の聞こゆる夜明け前
沖縄  百名 温
一日のうちで気温が最も低くなるのは、日の出から日の出後一時間くらいの間だという。自然 の中で水が氷るときの音は、かなり神秘的な音なのに違いない。底冷えの厳しい地方なのであろ うか、一度聞いてみたいものである。
雑詠-佐藤麻績・選
新米に埋もれて母の文来たる
埼玉  鈴木まさゑ
母が子に物を送る。いつの世も変わらぬ親ごころである。しかも新米であれば気を入れて用意 する。食生活に変化はあっても日本人であれば新米の旨さを喜ばぬはずはない。心尽くしの新米 の中に埋もれた母の文は、離れて暮らす子に、懐かしく心和むものだ。素朴にして暖かい作品。
鳴きべたなうぐひす朝を告げにけり
千葉  露木伸作
春告鳥ともいう鶯が鳴いてくれる頃は漸く朝の一刻を楽しむ心地になるものである。年々の事 であれば心待ちにしてさえいる。鶯の声は聞きながら真似てみたりするが、この作品の様に、春 の浅い頃は上手に鳴けず、まさに「鳴きべた」なのだが、次第に見事に鳴く鶯となるのである。
うちじゅうがはんなりとしてお元日
東京  田島映子
一夜明けて新年になる。いつもの家族が顔を合わせてさえ、どこか数時間前と違うのである。 年が改まったことで不思議な心持になるのである。「はんなり」とは何と美しい言葉であろう。 落ち着き、はなやぎ、上品な明るさ。これがお元日の家に満ちているのである。
雑詠-鈴木しげを・選
冬に入る決心の滝落ちにけり
大分  石井美穂
俳句では擬人化はなるべくさけたいと教えられてきたが、それはなかなか一句として成功しに くいからである。掲句の「冬に入る決心の」は作者自身の心ともとれるが、「冬に入る」で小休 止して「決心の滝落ちにけり」と読みたい。いかにも一本の滝に強い意志が宿った感がある。
鉛筆を置けば木の音山眠る
東京  関根瑶華
鉛筆という筆記用具を生み出した人はぼくはノーベル賞ものだと思っている。これが木の軸で 出来ているのが実にしぜんでやさしい。少しずつ短くなっていくとさらに愛着がわく。中七の「置 けば木の音」がいい。季語の「山眠る」も安らか。すらすらといい文が書けたことだろう。
和太鼓の撥天を指す秋日和
兵庫  上岡あきら
秋祭の神社の境内であろうか。おだやかな秋日につつまれて、これから奉納の和太鼓を奏上す る場面。一同が太鼓の前に両手の撥を持ってかまえる。それらが澄んだ秋空を指している。いま や合図の声と共に打ちおろされる瞬間の緊迫した空気が描き出されている。
雑詠-辻桃子・選
ああさうか時雨が降つてゐたのだね
高知  田村乙女
なんだか妙な静けさの中にいたのだろう。ぱらぱらと低く音がして、ふっと見れば枯草が揺れ 落葉がはらりと散り、地面が濡れて光り出した。瞬時の放心のあと、「ああさうか」と心に落ち たのだ。まさに時雨だ。余計なことは何も言わず、その一瞬の心持だけが言いとめられている。
室の花色を尽くして売られけり
北海道 佐藤尚輔
春の花を温室で育てたものが室の花。昔は室咲きの梅が珍重されたが、近年ではさまざまな春 の花が花舗に売られている。室の花の本意をとらえた句に、〈室咲きの花のいとしく美しく 久 保田万太郎〉があるが、この句も中七下五が花舗を彩る室の花の情趣をよく伝えている。
落葉掃ただ落葉だけ見てをりぬ
東京  工藤順子
この句ではただひたすら落葉を掃いている。落葉以外のものは目に入ることもない。落葉だけ を見て一心に落葉を掃いている。そんな姿が作者の胸を打ったのだ。あるいは、自分が掃いてい る最中にふと気がついたのだろうか。単純な句形にかえって写生の力がある。
雑詠-夏石番矢・選
空にある足跡大き ああ、悲しい
福島  呼吸
大空に残る足跡。それは神、天使、それとも悪魔の通り過ぎた跡か。いや単なる雲の気まぐれ か。あるいは作者の錯覚か。その真相は不明。しかし、この地上から仰ぐ孤独な一人の人間には、 無上に貴重に見え、「ああ、悲しい」と嘆息するしかない。大正時代の口語自由詩のよさがある。
いなつるび出雲は酒の旨き国
島根  廣澤幣子
古代日本の謎を秘めた出雲。この地方の大空は広々としてダイナミック。雷と稲が交わり、稲 が受胎するという「いなつるび」は、出雲にこそふさわしい。八俣の大蛇に捧げられた「酒」は、 「いなつるび」の結果生まれた米のエッセンス。怪物を酔わせた。極上の醸造技術は神々の賜物。
*一番星いわしの葬儀あるといふ
千葉  梶原ひな子
金子みすゞの詩「大漁」の「いわしのとむらい」を連想させる一句。みすゞの詩では舞台設定は「朝焼小焼」。この句では「一番星」。しずかにおごそかに、海の中で無数の「いわし」たちのための葬儀が行われるのだろう。季節に限定されない、やさしい心が生んだメルヘン。
雑詠-西池冬扇・選
田の神を山へ送りて柚子湯かな
徳島  米本知江
自然とともに在る生活を詠うのが一番。田の神様は収穫を見届けて山へお帰りになった。さて、 ゆっくりと柚子湯に入る。まさに至福の時を素直に表現した。この句は、すらりとやさしく、す なおな文体であり、また農業に携わる人ならではの句材を詠っており、喜びがよく読者に伝わる。
まどほなる牛のまばたき冬ぬくし
兵庫  井上徳一郎
暖かい日には、牛のまばたきもゆっくりらしい。いかにも「ぬくさ」の伝わってくる景である。 句の構成は「まばたき」と「冬ぬくし」の取合せ。上の句が下の句の季語の具象化した景、とい う分かりやすい文構造になっているのも、景の趣にあう。上の句の「まどほなる」が効果的。
河馬の毛のまつすぐに立つ今朝の冬
神奈川 長濱藤樹
はてな、河馬に毛が生えていたかしらん、そう思わせるのも、一種のレトリックかもしれない。 暑い土地に住んでいるべき河馬には「今朝の冬」はひとしおであろう。河馬の毛がまっすぐに立 ったという表現で寒さを感じさせているのだ。そういえば卵が立つのは立冬だっけ、立春だっけ。
雑詠-原 和子・選
山眠る西行庵を懐に
埼玉  成田淑美
吉野奥千本にある西行庵は、知る人ぞ知る庵で西行はここで三年間過ごしている。花の好きな 西行にとって庵の佇まいはきびしいものがあったとしても、それなりの趣があったことであろう。 西行の歌に詠まれた苔清水、芭蕉もこの苔清水を訪れている。庵の四季の一齣を捉えた秀句。
時雨るるや上着に包む返却本
静岡  渡邉春生
冬の到来を思わせる時雨の情は、夕時雨、片時雨など只の雨とは違った俳句ならではの情緒に 富んでいる。それだけにこの季語にはそれなりの向き合い方が必要であろう。ここに揚げた句は、 その不意に来た雨に上着に包み込む返却本、何とも洒脱な一面が捉えられた。
十六夜の戯画を抜け出す鳥獣
島根  大島一二三
鳥獣戯画に現れる鳥獣が生き生きと描かれている。十五夜に続く十六夜、この時候の夜空は天 地の別なく様々のものを心して解放する。まさに抑え切れない躍動感が働きかける、魔の刹那な のかも知れない。十六夜とそれらのものの動きが見事に捉えられた一句として評価してみた。
雑詠-山田佳乃・選
人声のことに紅葉の濃きところ
兵庫  森山久代
このごろ温暖化のせいか紅葉が思うよりもゆっくりとしている。それでも日当たりのよく寒暖 差の激しい所々に鮮やかな紅が広がっている。美しい紅に人が集まってくるのである。そんな様 子をすっきりと纏め、省略を効かせた佳句。
蟷螂の動かんとして枯れてをり
東京  中村わさび
初冬の褐色の枯蟷螂はどこか哀れを感じさせる。死が近いのか動きも緩やかで動きたくても動 けない様子に詩情が感じられる。蟷螂は褐色型と緑色型が混在していて、冬に色を変えるわけで はないのだが冷たい風に吹かれているとそんな風に思えてくる。
おかつぱに戻りし母や石蕗の花
熊本  荒尾かのこ
年を取りあまり動けなくなると床屋にいくのもなかなか難しい。家族が髪を整えることも多い だろう。まっすぐに鋏をいれるおかっぱは切りやすいのである。あまり多くは語らないけれども、 母親の老いゆく淋しさと石蕗の花の地味な色彩が響き合って、深い情の感じられる一句である。
兼題
選者:大高霧海、高橋将夫、田島和生、田中陽、中西夕紀、名和未知男、能村研三(敬称略)
今月の兼題…【顔】
兼題-大高霧海・選
裸婦の顔惜春の情無言館
長野 土屋春雄
顔といふより貌といふべし蟷螂は
京都 名村柚香
寒灯や香月泰男の俘虜の顔
神奈川 尾﨑千代一
兼題-高橋将夫・選
水澄みて岩の素顔が光りをり
埼玉 矢作水尾
踊り慣れ人々の顔見えて冬
静岡 麻生志乃夫
渋柿のしぶぬけた顔好好爺
広島 別祖満雄
兼題-田島和生・選
大年の顔に床屋の蒸しタオル
愛知 石井雅之
まなかひに君の笑顔や桜咲く
愛媛 堀本芳子
馬の顔撫でて牧場の秋惜しむ
愛知 井村晏通
兼題-田中陽・選
トランプの顔が売られている師走
北海道 澤田吐詩男
漱石忌猫も顔出す句会かな
神奈川 木村みのる
女陰枯る寒き渋谷の叫ぶ顔
宮崎 早川たから
兼題-中西夕紀・選
顔洗ふ水の重さや今朝の冬
大阪 永島文夫
どの顔も極楽を向く日向ぼこ
埼玉 佐々木七重
マフラーや話せば長き顔の傷
神奈川 英 龍子
兼題-名和未知男・選
鶴来ると人は優しき顔となる
大阪 秋山具輝
顔三つそれぞれ秋思阿修羅像
静岡 原田幸次
大綿小綿素顔の母とすれちがう
大阪 坂本タミエ
兼題-能村研三・選
鬼平の顔がどこかに酉の市
東京 坂さつき
腕章を外しても鶴守の顔
鹿児島 内藤美づ枝
数へ日や売るの貸すのは顔のこと
兵庫 井上徳一郎





2017年| 6月5月4月3月2月1月
2016年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月| 1月
2015年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2014年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2013年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2012年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2011年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2010年| 12月11月10月9月8月7月6月
定期購読のご案内
・毎月25日発売
・A5判
・定価1,200円(税込)
半年間 6,500円(700円お得)
1年間 12,500円(1,900円お得)
2年間 24,000円(4,800円お得)
定期購読は送料サービス

※定期購読割引は、直接小社にお申し込み戴いたお客様に限り、適用されます。その際、ホームページでお知りになった事をお伝えください。

※購読期間中に特別価格号が出た場合、 差額は当社で負担致します

・ご質問やご不明な点がございましたら、フリーダイヤル  0120-819-575、または、お問い合わせフォームからお問い合わせ下さい。