沖縄旅⑤

沖縄旅⑤

4日目
ピ、ピ、ピ、ピピ、ピピ、ピピピーー!!!

寝起きの悪い友達のアラームを止めて6時に起床したが眠すぎて夢かと思う朝だった。

朝の弱い2人はテンション低めで出発し、
日本国内では沖縄にのみ店舗があるアメリカ発祥のファストフード店、A&W(えーあんどだぶりゅー)でハンバーガーを食べてから、すでに到着していた友達と合流した。



みんなでウエットスーツに着替え、インストラクターさんから潜る前の簡単な教習や注意事項を受けたが、早朝の暑い中での説明は私たちの集中力を早々に失くさせるくらいだった。
表情であまり聞いてないのが分かったのだろう。
インストラクターさんが退屈しないようにユーモア込めて実際に起こった話をしてくれた。

「一応言っておくけど、たまに海底でパニックになって過呼吸になる人がいるんだよ。苦しくて息を吸う事に必死になって、息を吐く事を忘れちゃう人がいるから、息を吐くことを忘れないでね!……まぁ、あんまり過呼吸になる人はいないけど!笑」

私たちも笑って「いや、大丈夫でしょ!笑」とそんな話をしながら潜る場所まで船で向かった。
船での移動中、記念撮影用の水中カメラを渡されて、このツアーを予約した私がカメラ係となった。



20分ほどして潜水スポットに到着。
2人ペアになり、そこに1人インストラクターさんがつくというスタイルで潜ることになったが、顎まで海水に浸かったくらいで心臓がバクバクしてきた。
そもそも泳げないから潜ることに慣れていないし、こんなに深いところに入ること自体が初めてだったという事もあり、1人だけ心ここにあらずという状態だった。

落ち着け私。

隣にいる友達と手で合図し合ったり、水中の美しさに意識を集中して、頑張って心を落ち着かせていたのだが…私はカメラ係。
緊張している状態だったが、何かを任されると完璧にしたいという性格。
ここはきちんと記録に残さねば!という気持ちに駆られ、ギリギリの状況で写真撮影を無心でしていた。
ちなみにこれがその時の写真↓

どんどん深く潜っていき徐々に周りは暗くなった。
暗くなったことで視界が狭くなり、なんとなく狭いところにいる感覚だった。
耳も詰まった感じなり、ゴーグルにも水が少しずつ水が溜まり出した。

心臓の音はドキドキからバクバクに変わっていて、落ち着かせてようと船の上で習ったゴーグルの水抜きをしてみる。

フーー、、、
!!!!
ゴボゴボゴボっっ!!!!

何かを間違えたらしく鼻から海水が入ってしまった。

何度も言うが真っ暗の海底での出来事。
私はついに軽い過呼吸状態になってしまい、インストラクターさんへ上へ上がるサインを強めに出した。

沖縄旅⑥へつづく

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。