貸間旅館で地獄蒸し

貸間旅館で地獄蒸し

先日身も心もリフレッシュしたいと向かった先は、「山は富士、海は瀬戸内、湯は~」でお馴染みの別府。
温泉噴出量は国内でもダントツの1位で、高速道路でで別府へ向かうと、別府湾にかけて無数の湯けむりがお出迎え。しばらくすると車内には硫黄の匂いが溢れ、旅情感が一気に高まります。

いくつか点在する温泉エリアの中で、一番風情が色濃く残るのが鉄輪温泉街。
石畳をカポカポ歩く湯治客で溢れ、いたるところから蒸気が噴き出しています。

鉄輪温泉にある貸間旅館、陽光荘へ。こちらは4千円で地獄蒸し、温泉、蒸し湯も楽しめる、別府エリアの常宿のひとつ。

ひとり旅にはぴったりのこじんまりとした1人部屋。

ますは近くの商店や魚屋で食材を調達。
スーパーには新鮮な野菜も多く、ついでにビールも購入。

貸間温泉は自炊式。
広めの台所で各自食材を準備し、地獄釜で蒸すスタイル。
初めてでも旅館の方が優しく指導してくれます。
なお地獄蒸しはヘルシーで近年注目されており、硫黄でほのかな塩味がつくので、そのままでも美味しいほど!

こちら地獄蒸しの調理例。
生ビールと関サバ寿司をプラスしても、1人3千円はいきません!
旬の魚介は皿で蒸すことで、旨味エキスも余すことなく頂けます。

食後はゆったり温泉へ。
保湿効果が高く、肌がツルツルになるのが特徴です。
なおこちらは湯治場でもあるため、深夜以外は誰かが利用しています。

そのため男女の入れ替えもこんなに細かいという!

近年は外資系の高級ホテルも増えましたが、昔ながらの街並みは今も健在。
国際観光都市として今後もますます注目される、古くて新しい別府へみなさんもぜひ。

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。