免疫アップレシピ

免疫アップレシピ

今回はビタミンCの効率の良い摂取の仕方を紹介します♪

ビタミンCは肌や骨、歯の生成や維持を手助けするほか、血管を丈夫にして動脈硬化を防ぐ働きがあります。また、小腸から吸収されて血中の免疫細胞を増やし、細菌に対する免疫システムを強化します。

様々な野菜やフルーツに含まれるビタミンCは目安として1日に約100mg摂取する事が好ましいと言われています。(一般成人)
では100mgとはどのくらいかというとみかん1.5個くらいです。
フルーツでビタミン補給している方は個数を意識していればいいのですが、野菜(普段の食事)でビタミン補給している方は、摂取しているようで摂取出来ていない可能性もあるので注意です。

ビタミンCは水溶性なので水や熱に溶け出すという特徴を持っています。
そのため野菜を調理する段階で茹でる、火を通すという工程を経た場合は野菜に含まれていたビタミンCがある程度消失される事になります。

せっかく野菜を摂取しているのにもったいないですよね。

だからビタミンCの摂取は熱を通すことの少ないフルーツで補うという事が必要になります。

ただ、野菜の中でも芋類に含まれるビタミンCは調理をしても外に流れ出にくい(破壊されにくい)という特徴があります。
それは芋類に含まれる「でんぷん」にビタミンCが守られているからなのです!
中でもじゃがいもはビタミンCが豊富に含まれているので、じゃがいもを使った作り置きレシピをご紹介します。



・ 
材料
(3〜4人分)
じゃがいも350g(3個くらい)
★梅干し(大)2つ
★しょうゆ大さじ1/2
★ごま油大さじ1
いりごま大さじ1
サラダ油適量

①じゃがいもは細切りに、梅干しは種を取り実を叩き★を混ぜておく

②熱したフライパンにサラダ油を入れて、じゃがいもが透き通ってくるまで炒める

③★を②に加え味を馴染ませる様に炒める

④火を止めていりごまを混ぜたら完成

☆新しいじゃがいもはみかんと同じくらいのビタミンCが含まれているので、200g食べれば1日の必要量に達するので、新鮮なじゃがいもを買ってすぐに食してもらう事をオススメします♪

2020.4.22

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。